カテゴリ:映画の感想( 68 )

インサイドヘッド

映画 インサイドヘッドを観ました。
脳内大騒ぎ。
喜び大活躍。
悲しくて泣くことも必要みたいです。
(最小限にしたいなぁ)

仕事があるから
休日のありがたさが染みる…
みたいな感じかな。

b0009106_19274102.jpg


[PR]

by maiasagyuunyuu | 2015-08-16 19:21 | 映画の感想 | Trackback | Comments(0)

海街diary & せみ

映画 海街diaryを観ました。
4姉妹、鎌倉良いなあ。
一番印象的だったのは
長澤まさみの長~い脚。

昨日は2匹しかいなかったのに
今日はこんなにたくさん蝉がいた。
b0009106_18504131.jpg

[PR]

by maiasagyuunyuu | 2015-07-19 18:46 | 映画の感想 | Trackback | Comments(0)

ヴェニスに死す

暇すぎて、前に録画して放置してたヴェニスに死すを観る。

ずーーっと音楽。
眠い。
じじいタージオ追っかけ過ぎ。
白塗り➡絶命

口きくことなく終わりますた。
リゾートなのに大人は皆厚着で息苦しそうだった。

老いとは不純だって…。
頑張って清潔を保とう!
[PR]

by maiasagyuunyuu | 2015-06-16 14:59 | 映画の感想 | Trackback | Comments(1)

僕たちの家族

先日、映画 僕たちの家族を観ました。
つ、つ、つまぶき頑張れ~っという映画。
絵に描いたような八方塞がり状態でも最後まであきらめず悪あがきし、思いもよらない良い結果を生みます。
私なら思い出作りで終わっていたと思う。
[PR]

by maiasagyuunyuu | 2014-06-06 17:19 | 映画の感想 | Trackback | Comments(2)

白ゆき姫殺人事件

映画 白ゆき姫殺人事件 を観ました。

電話しながら、会話の内容をツイートしてる綾野剛にまずびっくり。
ながらが過ぎるぞー。
綾野とナナオが役にピッタリ。
あいつむかつく~って人を、他の人も同じように思っててくれると
なんか嬉しい。
アンとダイアナのくだりでまたビックリ。
一つの事柄をいろんな人が違った受け取り方してて
面白かった。

おすすめ~♪
b0009106_23465750.jpg

[PR]

by maiasagyuunyuu | 2014-03-29 23:36 | 映画の感想 | Trackback | Comments(0)

慕情

先日行った「香港ミニチュア展」でレトロ香港に
改めて魅了され、ずっと前に録画して見事寝落ちしてしまった
映画「慕情」を観ました。

イギリスと中国のハーフである主人公の女医スーイン
完全外人なんですけど~!
すごく姿勢が良くて女優オーラばしばし。
イキイキしてる感じが誰かに似てる・・・。

ビクトリアピークからの見える景色に高層ビル無し。
建物が灰色な感じで
知ってる香港と全然違う~。
昔の香港をもっともっと見てみたいです。

b0009106_0535713.jpg

[PR]

by maiasagyuunyuu | 2014-03-21 00:45 | 映画の感想 | Trackback | Comments(2)

小さいおうち

映画 小さいおうち を観ました。

全然小さなおうちじゃないよ~。
先週テレビ放送されてた東京家族とあまりにもキャストが被りまくりで、
遂にこぶ平まで出てきたところでは笑いが起きていた。
タキさんの自叙伝にぐんぐん引き込まれ、とても面白い映画でした。
[PR]

by maiasagyuunyuu | 2014-02-01 20:51 | 映画の感想 | Trackback | Comments(0)

鑑定士と顔のない依頼人

映画 鑑定士と顔のない依頼人 を観ました。
ほろ苦過ぎるやろ~!
悲し~エンディングの音楽が追い討ちをかける!
突っ込みながら観れたら面白いです。
映画観る前クアアイナでハンバーガー食べて超満腹でしたが、
すぐに物語に引き込まれて全然眠くなりませんでした。

なんばパークスのクリスマスイルミネーションがキレイでした。
キンキンに冷えた冬空に浮かぶお月さま。
b0009106_2234549.jpg

それにしても寒過ぎてじっくり見れない。
b0009106_2234682.jpg

[PR]

by maiasagyuunyuu | 2013-12-14 22:42 | 映画の感想 | Trackback | Comments(2)

イングリッシュ・ペイシェント

イングリッシュ・ペイシェントを観ました。
何、何なのこの愛の映画は~!!!

ひたすら砂漠砂漠・・・。
金持ちの西洋人。
浮気→命がけ。

戦時中だし周りを不幸にする結構激しい話なのに
回想と現在のシーンが交互にやってきて
静かに進んでく感じ。

でも、わたしが1分ほどトイレに行ってる間に
メインの二人はもうくっついていたのよ~(泣)

静かだけど自制が利かなそうな感じの主人公はレイフ・ファインズにぴったり。

クリスティン・スコット・トーマスは黒髪ショートのインテリ英国女優って思ってたのに、
この映画ではブロンドでキャメロン・ディアスか?って位ビジュアルが違い
まさに運命の女。意外っ!!

ジュリエット・ビノシュ、なぜこんなに優しい。

インド人少尉死んじゃうかと思ってドキドキしちゃった~。

面白かったので原作も読んでみようと思う。

b0009106_17613100.jpg

[PR]

by maiasagyuunyuu | 2013-03-14 19:37 | 映画の感想 | Trackback | Comments(0)

映画 存在の耐えられない軽さ

テレビで映画「存在の耐えられない軽さ」を観ました。

都会のオサレな三角関係ものかと思いきや
いきなりソ連が戦車で攻めてきてビックリ。

芸術家役のレナ・オリンがかっくい~。
下着姿のお腹がペタンコっす。

押しかけ女房ジュリエット・ビノシュが若い。おぼこい。

モテモテ脳外科医ダニエル・デイ・ルイスが濃ゆ過ぎ。
かっこいいか??ずっとドヤ顔だし。

あちこちに恋人がいるプレイボーイがあっさりビノシュと結婚しちゃうのがビックリ。
あんなに浮気症の旦那が居たら、ノイローゼになりそう。

でもただ軽いだけの人ではないらしく、
せっかく亡命したスイスから勝手にチェコに帰国した嫁をを追っかけて来ちゃう。
社会主義批判した論文を撤回するよう圧力かけられても屈しない,まさかの骨太な一面もあり。
プラハに居られなくなり田舎に引っ越したりするけど、
いきいきと農作業。
最後らへんは幸せだったようで良かった。

そして二人が飼っている犬がかわいい。

b0009106_12243361.jpg

[PR]

by maiasagyuunyuu | 2013-03-05 12:43 | 映画の感想 | Trackback | Comments(0)